暮らし向上リフォームとは リフォーム事例 暮らし向上リフォームの技 本会の概要と会員紹介
暮らし向上リフォームとは?
キッチンやお風呂を入れ替え、壁紙を張り替えれば、少しは気分も新たになり、うれしい気持ちになることは間違いありません。
でも、もっと根本的な「住み心地」がよくなるリフォームというものがあるはずです。冬暖かく、夏涼しく、いま住んでいる家を長持ちさせ、使いやすい間取りになり、大きな地震が来ても安心できるようなリフォームがあるはずです。
ご要望と予算に応じた“最適解”リフォーム
その一部は「断熱リフォーム」と呼ばれたり、「耐震リフォーム」と呼ばれたりしていますが、あくまでそうしたリフォームは“部分”をとらえたものでしかありません。断熱だけを行うリフォームではなく、同時に耐震性を強化したり、根本的な雨漏り対策を考えたほうが圧倒的に合理的なリフォームとなります。
いま住んでいる家の長所と弱点をしっかりとらえ、その全体の中でご要望と予算に応じた“最適解”を探していくようなリフォームを私たちは目指しています。そこで目指すのは「暮らしの質を向上させるリフォーム」です。
リフォームには、新築よりも高い技術力が必要
何かを入れ替える、張り替える、塗り替えるといった「部品交換型」のリフォームは、ちょっとした知識と職人さえあればできます。でも、本質を改善し、暮らしの質を向上させるようなリフォームは高いレベルの知識と経験がなければできません。さらに言えば、新築するよりも高い技術力が必要になります。新築よりも応用力や問題解決能力、提案の幅広い引き出しが求められるからです。
暮らしの質が向上し、新築するよりも費用がかからない
そうした技術力を持ちながら、暮らしの質を向上させるという発想でリフォームに向かうことにより、「耐震性と断熱性を同時に向上させる」「2世帯住宅にする」「リタイア後の合理的な小さい住まいにする(減築リフォーム)」「中古住宅を手に入れた後に、自分たちが望む住まいにリフォームする」といった様々なご要望に応えることができます。もちろん、そこでは新築するよりも費用がかからないということを大前提にして仕事を進めていきます。

トップページ 暮らし向上リフォーム事務局 メール